FR解説

投資は自己責任で行ってください。当サイトは記載している文章・データに一切責任を負いません。

FR一覧ページの使い方

いざFRに投資しようと思うんですが、どの通貨がオススメですか? FR一覧 のページを見ましたが、訳分かりません!

FR一覧 では、大手海外取引所(Binance、FTX、OKEX)で取り扱っているFutures(先物)を一覧化しています。同じ通貨でも取引所が違えばFRの値は変わるので、良い通貨の見つけ方についてこれから解説します。

注目すべきは「売買代金」、「直近3日間FR」、「直近7日間FR」、「直近20日間FR」の4つ!

売買代金は直近24時間の取引量をドル単位で表示しています。FR値が優秀でも、売買代金が少なければ板がスカスカなのでポジションを組む時に損をする可能性が高くなります。あまり損をせず組めたとしても、ポジションを崩す時に更に板が過疎っている可能性もあるので、出来るだけ売買代金が多い通貨を選びましょう。

マーク価格というのは現在価格の事です。USDT/COINというのは、保証金をUSDTで預け入れるのか仮想通貨で預け入れるのか、という事です。USDTになっている通貨を選択しましょう。

最初だし、売買代金が$10,000,000以上ある通貨から選ぼうかな…。「直近3日間FR」、「直近7日間FR」、「直近20日間FR」はどれを見ればいいんですか?

全部見る必要があります。まず今後の動向を見定める為に、「直近7日間FR」や「直近20日間FR」を見てFRが安定的に高い通貨。その中でも「直近FR3日間FR」が下がっていない通貨をオススメします。例えばこの画像の中だったら、難しいけど個人的にはCSPR、もしくはSHIBを選択するかなぁ。(投資は自己責任で!)

FRが急にマイナスになったりしても、落ち着いてポジションを解消して次の通貨をまた選べば損を抑えられますよね。

FR一覧ページでは金利表示を選択する事が出来ます。FRは取引所によって支払われる頻度が異なる為、比較できるように期間を揃えて表示しています。単利計算であり、「年利換算」は「日利換算」の365倍の数値になっています。仮に年利換算でFR40%の通貨があった場合、1,000万円分のポジションを組むと、1年間で400万円分のFR金利が入ってくる計算になります。

ん?でも入ってきたFRを再投資して両建てポジションを増やす事も出来るから、実際には複利計算が正しいですよね。頻繁に再投資すると複利計算では更に利益が高くなりますね!

その通り!また、行をタップ(クリック)すると、直近4日間のFR推移のグラフを見ることが出来ます。組む予定のポジションの数量を入力して例えば「日利換算」を選ぶと、どれくらいの利息が直近発生したかシミュレーション計算で確認出来ます。

FR一覧 の表を見ていたら、右半分に「金利」 とか「USD在庫」とかって数値がありますね。これは何でしょう?

これは、FRマイナス取り というFRがマイナスでも稼げる手法を使う際に参考にする情報です!FRマイナス取りに関しては次記事で解説しますね!